車買取で自動車税などの税金が戻ってくる?


車に関係する税金で、還付されるものがあるようです。1つ目に自動車税ですが、毎年4月1日時点での所有者に対してその年の一年間分の税金を徴収します。

例えば8月に売却した場合は9月から3月までの7ヶ月分が戻ってくるというしくみです。ただし、売却した自動車が廃車になり、登録抹消された場合だけです。個人間で取引した場合、お金はもどってきません。

また、車買取業者に売却した場合も、国から自動車税が戻ってくることはありませんが、車買取業者業者の方で自動車税のもどってくる金額を算出して買取価格に含めてるのが一般的なので、車買取業者に自動車税をいくらで見積もっているにか確認しましょう。ちなみに普通自動車のみ対象です。

2つ目に自動車重量税というのもお金が戻ってくる可能性があります。自動車重量税とは、自動車の新規登録時と車検時に、車両の重量によって課税される税金です。

こちらも、個人間で売却した際は戻ってこないので注意しましょう。車検が1ヶ月以上残っている車を廃車して登録抹消すると、残っている期間に応じてお金が戻ってくるしくみのようです。